ハートを開いて

2016年03月04日 20:14

2016年あけましておめでとうございます。

もう3月になりましたが、このホームページでのブログは新年初ですね。

年末から気ぜわしかったのですが、せわしない、忙しい、時間がない、という理由を自分でつけていたような気がします。

傷つくことを怖れるあまり、ハートを開くことができない。でも、ハートを開けなくても、悲しいときは悲しいし、つらいときはつらいのです。ならば、ただ開かれていればいいと思います。そして、閉じたいときは閉じてもいい。ハートを開けない自分を責めることなく。

そうしてハートのままにハートを開き、閉じたいときには閉じることができるのならば、開いたままでもだいじょうぶと気がつくでしょう。閉じてようが開いていようが同じだという感じすら出てくるかもしれない。

そこに至るまで、自分のハートに意識を向けてみようと思います。

今は、開いているのか、閉じているのか。このとき、この人、この場所に対して、開きたいのか、閉じていたいのか。ただそれを感じてみると、自分のハートのありようが、みえてくるのではないかと思います。

愛と感謝