ブログ

川面の見え方

2014年11月07日 07:35
朝、バスの窓から、荒川を見ました。 よく晴れた空の青。 川岸の緑。 朝の日射しで、川面がキラキラ光り、 美しいなぁ、と思いました。 この話しを、人にすると、 「荒川は、キレイな川ではないのにねぇ」 と言われました。 川の水は、汚れていても、 周囲や、日射しによって、美しく見える。 見え方さまざま、受け取り方いろいろ。 困難や、辛酸も、 あるときキラキラ輝いてみえる、 かもしれない 美しく優雅に見えるものでも、 実体は、そうではない かもしれない それが人生を混乱させたり、 面白くさせたり、するのでしょうね。 よい週末を!愛と感謝(eikoパリカール)

変化のさなか

2014年10月24日 13:29
意図しなかったけれど 状況の激変化中 ブログいつもより遅くなってしまいました なんだかドラマのよう かっこいいドラマではなく できれば、できれば、出会いたくないドラマ でも、こうなってよかった、という気持ちもあり 前途への不安もあり 不思議な気持ちです 決戦は金曜日、よい週末を!(eikoパリカール)

星よ、導きたまえ

2014年10月17日 10:05
当サイトに、ようこそのお運び、厚く御礼を申し上げます。 今日は17日ですね。「17」といえば、 タロットカードの大アルカナカードで、「星」の番号です。 中央に水汲みをしている、裸体の女神様。 裸体、ということが、地上の条件付け、制約を脱ぎ捨て、 素のままでいる、ことの表現と言われています。 これもまた、引いた方のそのときの直感で、 どんな女神様なのか、女神様は何を言おうとしているのか、 または、女神様ではなく、遠くの星や、足元の水が気になるのか・・・・ そこから、自分が見えてきます。   わたし(eikoパリカール)の、個人的な「星」への思いは、 「星よ、導きたまえ」という言葉のと

運命の輪、まわる?

2014年10月10日 08:00
当サイトに、ようこそのお運び、厚く御礼を申し上げます。 今日は10月10日。 わたし(eikoパリカール)には、 体育の日という印象がつよいですが、 今はその年によって変わってしまいます。 祝日が、ずれてしまう、なんて、 こどもの頃には考えらませんでした。 しかし、万物は流転し、世界は変わっていくもの。 変わっていくこと、そのものが、変わらない真理です。 「10」は、タロットの大アルカナカードで、「運命の輪」の番号です。   運命の輪 描きこまれた絵柄も、文字も、謎に包まれたカードです。 タロットカードは、まぁ、どれもそうですが。 あえていうなら、「流転」「転機」を表現しているので
<< 1 | 2 | 3 | 4 | 5