ブログ

2015年01月02日 06:51

後ろのお嬢さま

大晦日の夜。 近所の神社前で、初詣のはじまりを待っていたとき。 すぐ後ろに並んでいたお嬢さんたちが、 大きな声、単語も、言い回しも、 美しいとは言えない使い方で、おしゃべりしていました。 内容は、アルバイト先のあれこれ。 アルバイト仲間へのあれこれ。 否定的、批判的なだけではなく、 自分たちへの自己価値の低さも伺えます。 それが留まるところを知らない勢いで続きます。 気になる時代、いいたい年頃、なのでしょう。 自分もそんな時代がありました。   いいえ。 今でも、「後ろのお嬢さまたち」のような 状態になるときがあります。 がしかし、新しい年を迎えようとする初詣への列で、 いかがなもの

—————

2014年12月26日 06:30

機に合わせて、整理と飾り

12月25日夜から26日の朝までに。 東京の街はクリスマスの飾りつけから一転、 年末セールへ。 大晦日は大晦日らしく、そして元旦は元旦らしい 飾りつけへと、数日、いえ、数時間単位で変わります。 人々の労力は測り知れないものがありますが、 支えているのは、 「機」に間に合わせよう、 「季節感」を大切にしよう、という 日本人の律儀な質なのではないか、と思います。   かなり前ですが、1月の欧州を旅したとき、 クリスマスの飾りつけは、まだ残っていました。 欧州では、1月末の在庫セール時期まで、 片付けないのです。(現在は知りませんが) 合理的なのでしょうね。 ”機、季節に合わせて、片付け、

—————

2014年12月12日 08:15

ゆるす・ゆるされる

学生時代の仲間たち。 無邪気に笑っていたときは、はるかかなた。 それぞれ人生で直面する出来事に、 泣いたり、傷ついたり、絶望したり。 そんな中、皆が出会った困難と、無縁の友人がいます。 安定した職場、家、家族、友人知人。 休日には趣味三昧。 彼女と会っていると 彼女は、遭遇ちがちな困難に合わない、 それを許されている。 そんなふうに感じていました。 でも、そうではなく。 彼女自身が、自分にそ 安定した平和な環境のまま 生き続けることを心から「許して」いるから。 だから、そのような人生なのでしょう。 ”安定や穏やかさを自分に許す” あたりまえのようですが、 意外にそれができていないもの、かもしれ

—————

2014年12月05日 08:15

迷い道からの抜け方・1

人生に迷っているとき 現実の道を歩いていても迷うものだと、感じます。 わたし(eikoパリカール)は もともと方向音痴ではあるのですが・・・ それでも、 これからどうするのだろう? 今いったい何が起きているの? と、とまどっているときは、 迷うなんてあり得ない道で迷います。 心の現実が、目の前の現実を狂わせるのか 目の前の現実に、心がとまどっていることの あらわれなのか 迷い道を抜ける方法の1つは 「余裕をかます」こと。 「なんとかなるさ、余裕余裕!」という感じ。 このスタイル、個人的には、 あまり好みではありませんでしたが、 ふとつぶやいてみたら、わりとよい感じでした。 祈りが通じるときは、

—————

2014年11月14日 08:25

ミスト

おはようございます。 昨日、さいたま市付近では、 放射霧と呼ばれる霧が発生して、 交通機関にも影響が出ました。 わたしは、荒川をバスで渡りながら、 霧の中にかすむ、荒川を眺めました。 高原地帯に来てしまったような、 奇妙にも、美しい風景でした。 霧の中といえば。 スティーブン・キングの「ミスト」 山中の村に、濃い霧が発生 その中に現われたのは、異質で凶暴な生物 それでも本当に怖いのは、 人の心の恐怖や不安、絶望や傲慢、虚勢 なのかもしれない そう感じる作品です。 霧はいつの間にかはれて、青空へ。 心も、人生の風景も、 そうであるとよいな、と思います。 よい週末を!(eikoパリカール) &nb

—————

2014年11月07日 07:35

川面の見え方

朝、バスの窓から、荒川を見ました。 よく晴れた空の青。 川岸の緑。 朝の日射しで、川面がキラキラ光り、 美しいなぁ、と思いました。 この話しを、人にすると、 「荒川は、キレイな川ではないのにねぇ」 と言われました。 川の水は、汚れていても、 周囲や、日射しによって、美しく見える。 見え方さまざま、受け取り方いろいろ。 困難や、辛酸も、 あるときキラキラ輝いてみえる、 かもしれない 美しく優雅に見えるものでも、 実体は、そうではない かもしれない それが人生を混乱させたり、 面白くさせたり、するのでしょうね。 よい週末を!愛と感謝(eikoパリカール)

—————

2014年10月24日 13:29

変化のさなか

意図しなかったけれど 状況の激変化中 ブログいつもより遅くなってしまいました なんだかドラマのよう かっこいいドラマではなく できれば、できれば、出会いたくないドラマ でも、こうなってよかった、という気持ちもあり 前途への不安もあり 不思議な気持ちです 決戦は金曜日、よい週末を!(eikoパリカール)

—————

2014年10月17日 10:05

星よ、導きたまえ

当サイトに、ようこそのお運び、厚く御礼を申し上げます。 今日は17日ですね。「17」といえば、 タロットカードの大アルカナカードで、「星」の番号です。 中央に水汲みをしている、裸体の女神様。 裸体、ということが、地上の条件付け、制約を脱ぎ捨て、 素のままでいる、ことの表現と言われています。 これもまた、引いた方のそのときの直感で、 どんな女神様なのか、女神様は何を言おうとしているのか、 または、女神様ではなく、遠くの星や、足元の水が気になるのか・・・・ そこから、自分が見えてきます。   わたし(eikoパリカール)の、個人的な「星」への思いは、 「星よ、導きたまえ」という言葉のと

—————

2014年10月10日 08:00

運命の輪、まわる?

当サイトに、ようこそのお運び、厚く御礼を申し上げます。 今日は10月10日。 わたし(eikoパリカール)には、 体育の日という印象がつよいですが、 今はその年によって変わってしまいます。 祝日が、ずれてしまう、なんて、 こどもの頃には考えらませんでした。 しかし、万物は流転し、世界は変わっていくもの。 変わっていくこと、そのものが、変わらない真理です。 「10」は、タロットの大アルカナカードで、「運命の輪」の番号です。   運命の輪 描きこまれた絵柄も、文字も、謎に包まれたカードです。 タロットカードは、まぁ、どれもそうですが。 あえていうなら、「流転」「転機」を表現しているので

—————